毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

クレンジング方法

ここでは、たるみ毛穴などお肌の悩みを改善するために、正しいクレンジング方法を紹介しています。自分の肌にあった化粧品を見つけるためにも、ぜひ参考にしてください。

正しいクレンジング方法

たるみや開きなど、頬の毛穴の悩みを改善するためには、まずクレンジングから見直す必要があります。クレンジングはメイクや一日の汚れを落としてくれますが、肌に負担をかけることでもあるので、注意が必要になります。なるべく汚れは落としつつ、肌にやさしいクレンジングを心がけるようにしていきましょう。

クレンジングの種類と肌質

オイルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなどなど、クレンジングには様々な種類がありますが、肌質によってもおすすめのものが変わってきます。

オイルタイプ

まず、オイルタイプは肌への負担が大きく肌が弱い人にはあまりおすすめではありません。強い洗浄力を持っているので、頑固なメイクや口紅など、少量の範囲にすこしつけるだけにしておく方が良いでしょう。

ミルク・クリームタイプ

ミルクタイプは肌への負担が少なめなので、どんな方にもおすすめできるクレンジングです。強すぎると、皮脂を落としすぎてしまいますが、ミルクタイプの場合そのような心配が少ないです。クリームタイプも同様です。

拭き取りタイプ

拭き取りコットンなどもありますが、手軽というメリットとは逆に、拭き取るだけで落とせると言うことはそれだけ強い刺激があるといえるでしょう。メイク落としをしないよりは良いですが、毎日刺激の強い拭き取りクレンジングは避けましょう。

クレンジングで注意すべきこと

年齢肌にやさしいものを選ぶ

クレンジングを選ぶ際は、界面活性剤が少ない物で、植物からのものを選ぶ方が肌にやさしくおすすめです。30代あたりから、肌の質が変わってくるという方もいるので、なるべく肌にやさしいものを見つけるようにしましょう。

洗い方の注意ポイント

  1. 洗顔の前に、蒸しタオルなどで毛穴を広げる
  2. 顔全体をやさしくマッサージするように、細かい泡で洗う
  3. 眉間や顎、鼻の周りなどニキビや角栓のできやすい場所は、より丁寧に洗う
  4. 洗い流すときはぬるま湯で、シャワーなどは直接当てずに、しっかりすすぎ流す

洗うときに強くこすりすぎないように、やさしく洗うようにしましょう。クレンジング1つで、お肌は見違えるように変わっていきます。ぜひ試してみてください。