毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

顔の筋トレ

筋肉を鍛えることはエイジングケアに繋がります。ここでは、顔の筋肉とそのストレッチ方法を紹介しているので参考にしてみてください。

顔筋を鍛えて若返る理由

顔にある「深層筋」と「表情筋」には重要な役割があります。

深層筋

深層筋は、骨に付いている筋肉。ポンプのように顔全体に血液を送り届けたり、表情筋を支える役割があります。この深層筋が衰えると、肌に十分な栄養が行き渡らなくなったり、表情筋を支えられなくなってしまうのです。

筋力の低下が頬の下がりやゆるみに繋がるので、刺激を与えたり鍛える必要があります。 顔の筋肉は、食事中に鍛えることができます。飲み込んでしまうような早食いではなく、ゆっくりとよく噛んで食べるようにして、顔の筋肉を効果的に動かすように意識しましょう。食事は毎日するものなので、効果的に利用できますね。

表情筋

表情筋は、皮膚のすぐ下にあり、表情を作る筋肉。表情筋が衰えると、その上にある皮膚や脂肪を支えられなくなり、毛穴の開きやたるみの原因になります。 シミやシワ、ニキビなどの肌トラブルと比べ、たるみの改善は難しいので、日頃から意識的に顔の筋肉を使うようにすることが大切なのです。

例えば、欧米人のように眉毛を使ったり目を見開いたり、顔全体で表情豊かに感情を表現することも1つのエクササイズになります。また、意識的に笑顔で話すようにすると、顔の筋肉を大きく動かすことができるとともに、印象を良くしてくれるのでぜひ実践してみてください。

すぐ実践できる!ストレッチ方法紹介

頬筋のストレッチ

  1. どちらか片方の頬に空気を含ませ、大きく膨らませます。
  2. この空気を口の中で10秒ほど動かします。

ボールをイメージしながらやってみると、やりやすいかもしれません。頬筋のたるみに有効です。

口輪筋のストレッチ

  1. 口輪筋は口元の筋肉です。
  2. 口を縦に伸ばすように大きく開けます。
  3. 口角を上げることを意識しながら笑いましょう。
  4. これを10回ほどくりかえします。

どちらも簡単なストレッチですから、どこでもすることができます。 顔の筋肉を鍛えて、たるみを改善しましょう。