最強の美容液ランキング【毛穴対策編】

毛穴の開きや黒ずみに本当に効く美容液を探せ!

EGF・FGF

このページでは美容成分のEGF・FGF・IGFについて紹介しています。

美容業界が注目するEGF・FGF

最近のスキンケア製品では、EGF・FGFという文字を見る事も多くなってきました。

EGFは、もともとはノーベル賞を受賞した博士が発見し、やはどの治療など、皮膚の再生医療の分野で注目されたものでした。

EGFはヒトオリゴペプチド-1というもので、「Epidermal Growth Factor」の略称です。

肌の表面部での成長の因子を意味することから、通常は。「上皮成長因子」と呼ばれます。
その他の呼び方としては、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」、「細胞再生因子」などもありますが、いずれにしても上皮の部分に働きます。人間がもともと持っているタンパク質のひとつで、加齢とともに分量は減ってしまいます。

近年は、高いアンチエイジング効果があるとして美容業界での注目が集まり、肌の再生を促す成分として美容液などに配合されるようになっています。
FGFも、EGFと同じように人間がもっているタンパク質のひとつで、「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれるものです。EGFが上皮に働くのと違い、繊維芽細胞という肌の深いところに働きかけます。 

違う場所に届いて働く

2つの成分は、細胞に働きかけてその成長と増殖を促すというところでは似ているのですが、届くところが違っています。

EGFは肌表面でターンオーバーを活性化し、FGFは肌の深くで肌に大切なコラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化します。

どちらも、肌を健康に作り出すメカニズムそのものに働きかける訳です。

さらに、似たものに、IFGと呼ばれるもの(インシュリン様成長因子)があります。

成長ホルモンによって生産されるものですが、これをEGF・FGFとともに配合することで、それぞれの働きをより活性化することができると考えられています。