毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

EGF・FGF

このページでは美容成分のEGF・FGF・IGFについて紹介しています。

美容業界が注目するEGF・FGFとは

最近のスキンケア製品では、EGF・FGFという文字を見ることも多くなってきました。細胞に働きかけて肌を再生する、というとても魅力的な成分ですが、品質や濃度により肌に及ぼす影響が変わってくることもありますので、注意して使用しましょう。

種類と違い

  • EGF
    ヒトオリゴペプチド-1というもので、「上皮成長因子」と呼ばれます。特に肌の表面上で効果を発揮し、肌の新陳代謝をよくします。
  • FGF-1
    「ヒトオリゴペプチド-13」というもので、「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれます。EGFが上皮に働くのとは逆に、繊維芽細胞という肌の深いところに働きかけます。

さらに、IFGと呼ばれるもの(インシュリン様成長因子)があります。 成長ホルモンによって生産されるものですが、これをEGF・FGFとともに配合することで、それぞれの働きをより活性化することができると考えられています。

EGF・FGFを配合しているのはどれ?
毛穴ケア美容液ランキングをチェック

アンチエイジング効果への期待

これら2つは加齢とともに量は減ってしまいますが、人間がもともと持っているタンパク質のひとつです。近年は、高いアンチエイジング効果があるとして美容業界での注目が集まり、肌の再生を促す成分として美容液などに配合されるようになりました。

細胞に働きかけ肌をイキイキさせる

2つの成分は、細胞に働きかけてその成長と増殖を促すというところでは似ているのですが、届くところが違っています。

  • EGF…肌表面でターンオーバーを活性化する
  • FGF…肌の奥でコラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化する

表面上で効果を発揮するEGFと肌の奥深くで効果を発揮するFGF。つまり、2つが入った化粧品を使えば、外側と内側両方からお肌の再生能力を高め、加齢により増えるたるみ毛穴や小じわを改善することにつながります。 しかし、敏感肌やアトピー性皮膚炎のある方は、EGF・FGFが刺激になり、かゆみを感じたり、肌荒れを起こしてしまったりすることもありますので、注意して使用しましょう。

EGF・FGFが配合された美容液の正しい選び方

肌を外側と内側からキレイにするEGF・FGFが配合されている美容液の正しい選び方について紹介していきます。

EGFとFGFの両方が含まれている美容液を選ぶ

ときどき見かけますが、EGF・FGFのどちらか一方しか含まれていない美容液があります。EGFは肌の表面を再生させる成分で、FGFは肌の内側を再生させる成分。両方の成分が含まれているほうがより美しい肌になれるのです。

美容液の成分表示に、EGF・FGFとは記載されていません。EGFは「ヒトオリゴペプチド-1」、FGFは「ヒトオリゴペプチド-13」もしくは「ヒトオリゴペプチド-5」と記載されています。これらがEGF・FGFの正式名称なので、EGF・FGF配合の美容液を選ぶ際は注意してください。

テクスチャがサラサラしている美容液を選ぶ

テクスチャ(質感や手触り)がサラサラしているほうが、EGFやFGFが肌に浸透しやすくなります。トロトロしている美容液には、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されている場合がほとんど。コラーゲンとヒアルロン酸は分子が大きいので、肌の表面を覆ってしまいます。すると肌の内側にアプローチするFGFが肌に浸透しにくくなってしまうので、効果が激減するおそれが。EGF・FGF配合の美容液は、サラサラしたテクスチャを選びましょう。

無添加かどうか

アンチエイジング効果の高いEGF・FGFですが、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人の場合、肌荒れが起こるリスクがあります。肌トラブルを起こさないためにも、肌への刺激が少ない無添加の美容液を選ぶようにしましょう。

EGF・FGFを配合しているのはどれ?
毛穴ケア美容液ランキングをチェック