最強の美容液ランキング【毛穴対策編】

毛穴の開きや黒ずみに本当に効く美容液を探せ!

ビタミンC

このページでは美容成分としてのビタミンCを紹介しています。

コラーゲンの合成にかかせないビタミンC

ビタミンCがお肌に良いとは、多くの方が理解しているところ。
もちろん、食事としてとるのも、サプリメントでとるのもありですが、スキンケアでもビタミンCを配合した多くの製品があります。

お肌に良いとされる理由は、まず、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けるということ。お肌の元ともいえるコラーゲンやヒアルロン酸は、線維芽細胞が作りだしてくれる訳ですが、ビタミンCは線が細胞を活性化するために、コラーゲンやヒアルロン酸が正常に生成されるようになります。
この働きのお陰で、お肌にはハリがでて、うつおいを保つ力もでてくるのです。

次に、高い抗酸化作用があります。肌サビなどという言葉を耳にすると思いますが、お肌も酸化することで、サビたような状態になってしまいます。

ビタミンCは、抗酸化力が強いですから、活性酸素のせいで増える不飽和脂肪酸が過酸化脂質に酸化してしまうことを防いでくれます。
このため、細胞が老化するのを予防してくれるのです。 

さらに美白の効果も

どちらかというと、ビタミンCというと美白の効果のほうがイメージされるところかもしれません。

紫外線にさらされることによって、メラニンが生成されてしまう訳ですが、メラニンはシミやそばかすの原因。ビタミンCは、メラニンの生成を抑えることが知られています。
さらに、そのメラニンを還元する作用まで持っています。紫外線はメラニンをつくるだけでなく、皮膚を傷つけて乾燥させてしまいます。

この時、コラーゲンも分解されてしまうのですが、ビタミンCはこの分解を減らすという働きもあります。

こんなに働き者のビタミンCも、壊れやすく、お肌には浸透しにくいということで、化粧品から効率的に取り入れることが難しかったのですが、最近の最新技術によって、お肌の奥まで届かせることができるようになっています。