毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

ビタミンC

このページでは美容成分としてのビタミンCを紹介しています。

スキンケアにかかせないビタミンCとは

ビタミンCはお肌に良いと昔から言われてきました。食事やサプリメントで摂取するのはもちろん、スキンケアでもビタミンCを配合している製品はたくさんあります。 抗酸化力が強いので、活性酸素のせいで増える不飽和脂肪酸が過酸化脂質に酸化してしまうことを防いでくれます。つまり、細胞が老化するのを予防してくれるのです。

ビタミンCは摂取が難しい

しかし、ビタミンCは壊れやすく、お肌には浸透しにくいということで、化粧品から効率的に取り入れることができませんでした。ただ肌につけるだけでは、意味が無かったのです。そこで、現れたのが「ビタミンC誘導体」です。「ビタミンC誘導体」は肌の中でビタミンCになるので、塗るだけでビタミンCを取り入れることができるのです。

ビタミンC誘導体を配合しているのはどれ?
毛穴ケア美容液ランキングをチェック

ビタミンCの肌への効果

しみのない美白に

どちらかというと、ビタミンCというと美白の効果のほうがイメージされるところかもしれません。紫外線にさらされることによって、メラニンが生成されてしまう訳ですが、メラニンはシミやそばかすの原因。ビタミンCは、メラニンの生成を抑えることが知られています。 さらに、そのメラニンを還元する作用まで持っています。紫外線はメラニンをつくるだけでなく、皮膚を傷つけて乾燥させてしまいます。毛穴が黒ずんでしみのようになるケースがありますが、それもメラニンが原因です。ビタミンCはそんなメラニンからお肌を守ってくれるのです。

ふっくら若々しい肌に

また、高い抗酸化作用により、肌の老化を予防してくれます。肌が老化すると、たるみやしわになるので、毛穴も目立つようになってしまいます。ふっくらしたお肌を保つために、とても重要な働きをしてくれているのです。 ビタミンCは、お肌のハリに重要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成も助けます。コラーゲンやヒアルロン酸は線維芽細胞が作りだしており、ビタミンCはそれを活性化させる力があります。 様々な効果を肌にもたらしてくれるビタミンC。化粧品を選ぶときは、ぜひ、ビタミンCを肌に浸透させることができる「ビタミンC誘導体」が入っているものを選ぶことをおすすめします。

ビタミンCが配合された美容液を選ぶポイント

シミやそばかすの原因メラニン色素の生成を抑えて、肌の老化を防ぐ成分「ビタミンC」が配合された美容液や製品の選び方について紹介します。

成分表示を確認する

美容液には肌の中でビタミンCになる「ビタミンC誘導体」が含まれています。しかし美容液の成分表示には、「ビタミンC誘導体」とは記載されません。代表的なビタミンC誘導体には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)・リン酸アスコルビルMg・リン酸アスコルビルNa・テトラヘキシルデカン酸アスコビル・アスコルビン酸グルコシドなどがあります。

広告やパッケージのイメージで選ぶのではなく、成分表示の正式名称をチェックして本当に含まれているのか確認しましょう。

水溶性か両性のビタミンC誘導体を選ぶ

ビタミンC誘導体は、肌に浸透しやすい水溶性のものを選ぶようにしましょう。水に溶けやすいものが水溶性で、油に溶けやすいものを油溶性といいます。リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMgは、水溶性ビタミンC誘導体です。

また水溶性と油溶性を併せ持つ「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」もおすすめ。こちらは化粧品原料をつくる昭和電工株式会社が開発した新型のビタミンC誘導体で、浸透力が抜群。水溶性のリン酸アスコルビルNa・リン酸アスコルビルMgよりも肌への浸透力が高いといわれています。

ビタミンC誘導体を配合しているのはどれ?
毛穴ケア美容液ランキングをチェック