毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

肌にハリがなくなってきた

20代とは違う…ハリの減った30代のお肌

30代になった頃から肌にハリが感じられなくなったという悩みをよく耳にします。昔に比べるとファンデーションののりが悪くなったと感じたり、なんとなく自分の顔が老けたように感じてしまったりしたことはありませんか?これらは、もしかすると、肌にハリがなくなったせいかもしれません。ですが、ちょっとしたことで、ハリは取り戻せる可能性が高いです。あきらめずに、ケアしていきましょう。

このページでは、お肌のハリがなくなってきたと感じる方のために原因と対策をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

原因はコラーゲン不足

肌にハリがなくなる主な原因は、加齢によりコラーゲンが不足し、肌の水分量や皮脂量が変化したことだと考えられます。コラーゲンとは体を作っているタンパク質の一種で、肌に弾力性を持たせたり、水分をとどめたりしています。このコラーゲンは徐々に減少していってしまうので、補うことが重要です。

また、加齢だけではなく、紫外線や乾燥によってもこのコラーゲンは壊されてしまいます。特に乾燥は様々な肌トラブルを引き起こす原因となっています。水分量が減り、乾燥してしまったお肌はハリもなくなってしまいます。

コラーゲンを生成してハリを取り戻す

お肌のハリを取り戻したい方には、不足したコラーゲンを増やす必要があります。そこで、コラーゲンの生成をサポートしてくれる化粧品を日頃のケアに取り入れてみましょう。特にコラーゲンの生成を促進させる成分、EGF・FGFが入っている物がおすすめです。

EGFとFGFが肌を若返らせる!?

EGF・FGFは表面上と肌の奥深くで外側と内側両方から、お肌の再生能力を高めることができる成分で、ターンオーバーを活性化させ、肌本来の力を取り戻してくれるのです。だから、ハリがなくなったなと感じている方は、EGF・FGFという成分に注目してみてください。

また、紫外線に長時間当たることは避け、なるべく日焼け止めを塗るようにしましょう。乾燥しないように保湿ケアをしたり、ビタミンなどを積極的に取り入れるようにしたりして、正しい生活を送ることも大切です。