毛穴レスの滑らか美肌をつくる大人の美容液ランキング

顔がたるんで老け顔に

一気に老けこむ、たるみ顔とは

顔がたるんでしまうとほうれい線も出てきて、老け顔に見られがちです。30代あたりから、このほうれい線や老け顔に悩む方は増えてきます。

重力でどうしても肌は下がってしまいますし、老化によりたるみが出てくることも仕方のないことではありますが、しっかりとした対策をすることで、たるんでいる肌を改善することもできます。

こちらでは、たるみやほうれい線が気になる方のために、原因と対策をまとめてありますので、ぜひ参考にしてください。

たるみやほうれい線の原因は?

たるみの原因は、加齢により肌の筋力が衰えることです。肌をしっかりと支えて、若々しい肌を保つことが徐々にできなくなってしまいます。

またコラーゲンやエラスチンなどの減少、紫外線による肌の劣化、水分不足などもたるみの原因となります。

肌がたるんでくるとしわが深くなり、ほうれい線もしっかりと現れてくるので、老け顔に見られるようになってしまいます。

たるみやほうれい線の対策

美容液でコラーゲンの生成を促進

たるみに効く成分が配合された化粧品を使用するのもおすすめです。たるみには保湿力を増やすセラミド、肌をふっくらさせるビタミンC、コラーゲン生成を促進させるEGF・FGFなどの成分はたるみに効果的なので、自分の使っている化粧品を見直してみましょう。

舌回し体操

また、たるみを改善させるには、舌回し体操がおすすめです。舌回し体操は、舌をまわすことで、普段あまり使わないさまざまな筋肉を使い、顔の筋肉を鍛えることができます。また、ほうれい線やシワにも効果があり、むくみ予防、二重顎の改善など多くのメリットがあります。道具なども不要で手軽にできるので、ぜひやってみてくださいね。

舌回し体操の方法 口を閉じ、歯茎の外に舌を沿わせながら回していきます。

  1. 右に20~50回くらいまわす
  2. 左に20~50回くらいまわす
  3. これを1日に3回くらい行う

このようにやり方はとても簡単です。食後にするといいそうです。最初は疲れてしまったり、舌のあたりが痛くなったりするかもしれないので、無理せずに続けていきましょう。